トップページインフォメーション > チョ・インソン、宝石のような真価を発揮!
ID PW

Infomation

インフォメーション[一覧へ戻る]

チョ・インソン、宝石のような真価を発揮!

2022-05-20

zis-220520.jpg


[韓国エンタメニュース]


俳優チョ・インソンの宝石のような真価が光を放った。


tvNバラエティ『見習い社長の営業日誌2』が去る19日に放送終了を迎えた。全13回を最後に9日間のスーパー営業が終了したのだ。毎回些細な笑いと共感を引き出し、視聴者を心を掴んだチョ・インソンは最後までお茶の間にヒーリングエネルギーを伝えた。


チョ・インソンは温かい性格で多くの人々を癒した。特有の親和力でスーパーを訪れる住民と気兼ねなく交流した彼は気さくな会話を通じて深い話まで交わした。特に厳しい人生を生きてきた住民の話に耳を傾け、応援を惜しまなかった彼の姿は濃い余韻を残した。毎朝、自らモーニングコーヒーを煎れて町のあちこちに配ったり、営業最終日にはいつの間にか日常になった町の住民と名残惜しさが混ざった挨拶を交わした。チョ・インソンの温かさはお茶の間を癒しで染めるのに十分だった。


アルバイト生との格別な友情はもう一つの楽しさを与えた。イ・グァンス、キム・ウビン、ユン・ギョンホ、ソリョン(AOA)、キム・ヘス、ハン・ヒョジュなど親友たちが出演し、厚い義理を見せたのだ。チョ・インソンは彼らのために早朝からコーヒーを煎れたり、豊かな食事で気遣う繊細な配慮を見せた。業務に慣れていないアルバイト生にはソリューションを提示して助けたり、時には軽い冗談を言って士気を高めた。営業を終えて彼らと率直な時間を持ったチョ・インソンの人生の価値観、俳優としての悩みなどを分かちあった。このような関係の中でチョ・インソンの人間味が表れた。


『見習い社長の営業日誌2』は、前シーズンよりも拡張された規模と様々な業務で放送前から期待を集めた。初めての業務にも慌てず素早い適応能力を見せたチョ・インソンは、ベテラン社長であり厨房総括シェフとして活躍した。大型物流センターで几帳面にチェックして物品を購入し、巨大なスーパーを埋め尽くしていったり、高難度の生肉を裁く方法も習得し隠れた才能を見せた。また総括シェフである彼の手にかかれば全てのことが解決するほど主軸となった。代表メニューであるズワイガニラーメンとうどんは注文後すぐに作り、忙しい中でも新メニューまで開発して客の満足度を高めた。


チョ・インソンは今作を通じて瞬発力とリーダーシップを兼ね備えた姿で頼もしい社長の役割をしっかりと果たした。時には社長として、時には人生の先輩として、時には町の住民の息子、または孫として様々なコミュニケーションとふれあいを続け、体に身に付いた配慮で活躍した。



写真提供:tvN



韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI