トップページインフォメーション > チョ・インソン、 デビュー当時の悩みを吐露!?YouTubeにサプライズ登場
ID PW

Infomation

インフォメーション[一覧へ戻る]

チョ・インソン、 デビュー当時の悩みを吐露!?YouTubeにサプライズ登場

2021-07-15

2021071401001148200072711-1.jpg


[韓国エンタメニュース]


俳優チョ・インソンが人間味溢れる魅力を披露した。


去る13日にYouTubeチャンネルODGで公開された『チョ・インソンを説明する』というタイトルの映像では、チョ・インソンがソン・ハランという9歳の子供と率直に会話をする姿が描かれた。


チョ・インソンは、自身のことを「分かるような分からないような」と言うハランに直接自己紹介をした。ポータルサイトで自分の名前を検索して様々な情報を見せ、自分が出演したドラマ『大丈夫、愛だ』のクリップ映像を一緒に鑑賞する時間を設けた。


チョ・インソンは、学校生活と撮影を並行しているハランにファンに気づかれることはいなか、不便な点はないかと尋ねた。ハランがファンに写真を撮ってほしいと言われたときビクッとした言うと、チョ・インソンは「僕もそうだったと思う」と共感を示した。また「人に気づかれると少し恥ずかしい時もある」というチョ・インソンの言葉に、ハランは母親の後ろに隠れたことがあると答えた。これにチョ・インソンは「僕は母親の後ろに隠れると背が高いからすぐバレる」というセンスある言葉で笑いを誘った。


また、笑うことが好きだというハランが理由もなく笑うことがあると言うと、温かい眼差しでハランを見ていたチョ・インソンが「僕もそんな風に笑えたらいいな」と話し、妙な感動を与えたりもした。


続けて、撮影が楽しくてやっているというハランの言葉にチョ・インソンは「僕は演技がものすごくやりたかった。テレビに自分が出る姿を見たかった。でも実際に見たらすごく恥ずかしかったよ。僕は最初この仕事が合わないと思った。でも、諦めようとしたらやる気が出てきたんだ。最初はやりたいと思って始めたけど、徐々にプレッシャーになってつらい時もたくさんある」と語り、自身の本心を露にした。


それだけでなくチョ・インソンは「今日、ハランの話を聞いて忘れていたことを思い出した。僕も最初は撮影がすごく楽しかった。でも、いつもそれを忘れてしまう気がする。上手くやりたいから」と話し、俳優としての初心を思い出させてくれたことに感謝の意を表した。


一生懸命諦めずにやってくださいというハランの応援にチョ・インソンは「いつまで続ければいいかな」と尋ね、ハランは「自分が望むまで」と答えた。これに対してチョ・インソンは大きな悟りを得たようにその言葉を繰り返し「ハランもやりたい時まで、一生懸命になり過ぎずにやったらいいよ。今のように、気持ちよく」と答えた。


最後にチョ・インソンはハランと一緒に自身が出演した映画『モガディシュ』の予告編を一緒に鑑賞し、公開後に映画館で会おうという意味で約束を交わした。


チョ・インソンは今回のYouTube出演を通じて9歳の子供と年齢差を感じさせないほど、心のこもったコミュニケーションを交わし、人間的で正直な魅力を存分に発揮した。また、子供の純粋さを通じて予期せぬところで静かな響きや感動まで伝え、ファンたちの熱い好評が相次いでいる。


一方チョ・インソンは、映画『モガディシュ』の公開を控えている。







写真提供:YouTubeチャンネルODG



韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI